佐藤宏尚建築デザイン事務所

絨毯スピーカーからSYRINXへ


2016.04.19

最初に高解像度な音に興味をもったのはクリプトンのKS-1 HQMを手に入れてからでした。
PC用のスピーカーとしては、DACを内蔵し、他の高級なスピーカー群に比べても、繊細さやバランスの良さが際立って良く満足していました。

しかし、ふとしたきっかけで絨毯スピーカーを創ってみたとき、KS-1 HQMを含め、従来のスピーカーとはレベルの異なる解像度と立体感あふれる音を体験し、戻れなくなりました。 特にクラシックなど、音の溢れる楽曲を再生したときの次元の異なる透明感は、箱形のスピーカーで実現不可能だと思われます。

共振のない絨毯スピーカーは、従来の概念を超えるクリアな音を実現した画期的な発明です。しかし、その優れた音質の一方、低音の音量が課題で、ネットで検索しても、同様の評価が多く見られます。

そこで、検証を繰り返し、絨毯スピーカーの低音が弱い根本的な理由は、低音のブーストの問題でなく、逆相音だと気づきました。そもそも絨毯を含め柔らかい素材は軽いので、かなりの量の音を透過させます。絨毯を巻いただけでは側面から音が漏れます。また絨毯の上に直接ユニットを載せているので、その隙間からも逆相音が漏れます。特に低音は吸音されにくく、回折しやすいため、ユニットの音と打ち消し合い弱くなります。また音の漏れは音の濁りの原因にもなります。

この絨毯スピーカーの問題を解決し、これまで存在するあらゆるスピーカーより優れた音を創りだすことがSYRINXの開発目標となりました。

ヒントになったのは、建築の知識です。防音室は、まず、共振のない遮音材で囲み、その内側に吸音材を貼付けます。こうすることで、音を漏らさず内部に反射し、吸音材により反響を防いでいます。
SYRINXのスキンエンクロージャーは、同じ構造です。共振のない柔軟な遮音材で、音の透過を防ぎます。内部に反射した音は、速やかに吸音し、吸音できなかった音も、柔軟なエンクロージャーが音を発生させないので影響がほとんどありません。

あわせてマウント面からの音漏れ対策も丁寧に行ないました。

特許を出願したこれらの技術によりSYRINXは、これまでのスピーカーの概念を超越した音を再現します。
「逆相音」「残響」「共振」「共鳴」をここまでなくしたスピーカーは、かつて存在しなかったと思います。
こうして、余計な音が一切しない、音声信号を正確に再現する、究極のスピーカーが誕生しました。

|syrinxに関連するニュース

19.01.29
iFデザインアワード2019
18.10.26
IDEA2018(International Design Excellence Award)
18.02.15
ASIA DESIGN PRIZE 2018 ダブル受賞
18.02.08
ソーシャルプロダクツ・アワード2018で「ソーシャルプロダクツ賞」を受賞
17.09.03
おもてなしセレクション ダブル受賞
16.06.03
森とエゾシカ革
16.04.20
絨毯スピーカーを寄贈しました
16.04.19
絨毯スピーカーからSYRINXへ
16.04.15
オーディオブランドSYRINX設立
15.09.09
LANケーブルは最強のスピーカーケーブル
15.08.13
安価、簡単、高音質の巻きダンボールスピーカー
15.04.07
バックロードホーンスピーカーは楽器である
15.01.16
絨毯スピーカーの低音を増強する
14.04.22
絨毯スピーカー