佐藤宏尚建築デザイン事務所

建築写真講座02 撮影編


2016.04.22

「撮影に必要な機材」

三脚

建築写真を、きちんと撮るには三脚は必須である。模型写真や室内撮影の場合、シャッター速度が遅くなるため、三脚に固定して取らないとピンボケとなりやすい。また、アングルや水平垂直を確認しながら撮るのにも三脚が必要である。

レリーズ

シャターを手でレリーズするとピンボケの原因となるので、レリーズがあったほうがよい。ない場合セルフタイマーなどで代用は可能だが。セルフタイマーの場合、長時間露光できないカメラもあるし、撮影に時間がかかる。

水準器

最近はカメラに内蔵されているケースが多い。ない場合、液晶をグリッド表示にして、およそ水平・垂直を出し、細かくはパソコンで編集する。

「記録フォーマット」

デジタルカメラは、通常カメラ内で画像処理を行い、jpegファイルとして記録される。しかし、建築写真を撮る場合、rawファイルをおすすめしたい。
rawファイルとは、画像する前の、受光センサーが出力した、未修正のデータファイルです。このファイルをパソコンに取り込むことにより、通常デジタルカメラ内でリアルタイムに自動で行われる処理を、パソコン上で手動で行うことができる。
rawファイルを利用することで、出力結果を確認しながら、画像処理を細かく調整することが可能となる。この作業を「現像」と呼ぶ。

「建築写真撮影の特徴」

1. 被写体が動かない

・シャッター速度を遅くできるので、絞り込める。絞り込むとピントの合う範囲が広がる。
・もっとも解像感がよいf8~f11ぐらいまでは絞りたい。それ以上絞ると画像が少し甘くなるレンズが多い。
・撮影は絞り優先モードで、絞りが勝手に変わらないように設定する。
・ISOの設定はできるだけ低感度で。高感度にすると画質が荒れる。

被写界深度
「手前のカウンターから奥の光壁までピントを合わせている(大妻大学加賀寮)」

2. 被写体が大きい

建物全体を撮影するには、広角レンズが必要となることが多い。引きがない場合、あおって撮影し補正することも多く、その場合、トリミング代も含め、かなり広角なレンズが必要となる。15mmぐらいあれば安心。

被写界深度
「14mmの画角があればここまで広角の写真が撮れる(川崎EX)」

3. 水平・垂直を出す

水平・垂直は建築写真の基本。撮影時に注意する。しかし、水準器を用いても限度があるので、ずれている場合デジタル補正を行う。
写真が広角になれば、なるほど、水平垂直が出ていないときのアオリが不自然な写真になる。
迫力を出すなど意図的にあおることもある。(その場合、画角は少し狭くしたほうが不自然でなくなる)

被写界深度
「あえてあおって上方への意識を強調(凹庭)」

4. 屋外は晴天・屋内は曇天

屋外の撮影は青空の下がよい。
しかし、屋内の撮影は、基本的には曇天ほうがよい。直射光が室内に入射すると、陰と光のコントラストが強くなりすぎる。また、外が明るすぎ、窓からの風景も白とびしやすい。
曇天のほうが輝度差の少ない撮影ができ、各ディテールも写し取りやすい。
晴天時に撮影するときは、時間帯で光の入り方をよく考え、できるだけ直射の影響がない時間に撮影する。

直射光
「直射光が強すぎる例」

5. オートブラケットで適正露出を得る

露出は、カメラの露出計に任せ、オートブラケット機能を用いて、前後2〜3段階ぐらい撮影しておく。Rawファイルであればソフトウェアである程度露出補正ができるので、1EVピッチでも適正露出を外すことはない。

6. 奥行きと広がり

奥行きを強調したい場合、1点透視図のようにアングルを作る

1点透視図
「鏡をつかって奥行きを増した空間(TGV)」

広がりを強調したい場合、2点透視図のように少し斜めに振る

2点透視図
「広い空間を強調、角の柱は鏡で姿を消している(三田綱町パークマンション)」

|PHOTOに関連するニュース

16.04.23
建築写真講座05 おすすめ機材
16.04.22
建築写真講座04 レタッチ編
16.04.22
建築写真講座03 現像編
16.04.22
建築写真講座02 撮影編
16.04.20
建築写真講座01 基礎知識
15.02.17
最近のカメラについて
10.01.19
DxO Optics Pro
10.01.19
EOS5D mark2
09.12.08
MINOX B/ミノックスB
09.04.25
LUMIX G1
08.02.23
LUMIX DMC-TZシリーズ
06.03.11
Casa BRUTUSに掲載
05.12.04
leica IIIa/ライカ 3a
05.07.08
UR賃貸住宅フォトコンテスト入選
05.03.30
日曜の夕方
05.03.03
Rolleiflex3.5F/ローライフレックス3.5F type4