佐藤宏尚建築デザイン事務所

日曜の夕方


2005.03.30


ワイド


ライカ用の超広角レンズ(12mm)で撮影。よく好んで使うレンズた。超広角では不自然な程デフォルメされた画像になる。だが、それが意外と人の知覚に近いと思う。
人の目に映る画像の画角は広くない。しかし、人は頭の中で画像を連続させたイメージを創りだす。それを再び一枚の画像に圧縮して投影すると超広角の世界と重なる。
このように心象風景と近い画を創れるところが、私が超広角写真を気に入っている理由である。
Leica3a+UltraWideHeliar12mm

|PHOTOに関連するニュース

16.04.23
建築写真講座05 おすすめ機材
16.04.22
建築写真講座04 レタッチ編
16.04.22
建築写真講座03 現像編
16.04.22
建築写真講座02 撮影編
16.04.20
建築写真講座01 基礎知識
15.02.17
最近のカメラについて
10.01.19
DxO Optics Pro
10.01.19
EOS5D mark2
09.12.08
MINOX B/ミノックスB
09.04.25
LUMIX G1
08.02.23
LUMIX DMC-TZシリーズ
06.03.11
Casa BRUTUSに掲載
05.12.04
leica IIIa/ライカ 3a
05.07.08
UR賃貸住宅フォトコンテスト入選
05.03.30
日曜の夕方
05.03.03
Rolleiflex3.5F/ローライフレックス3.5F type4