Levena(レベナ)のギア・シートポスト交換

レベナギア交換

子供用の18インチ自転車、ブリジストンのレベナが小さくなってきたので、ギアとシートポストを交換しました。

【用意したもの】

  • 交換用クランク 36T 127mm (リンエイ Wガードギヤクランクセット)
  • シートポスト 27.2mm 300mm (TIOGA AL2000)
  • コッタレス抜き
  • チェーンカッター
  • 交換用チェーン
  • 普通の工具(六角レンチ、モンキレンチ)

【交換について】

レベナはギア比が軽すぎるので、少し成長すれば重たくしたくなります。しかし、ギアを交換しようと思っても、ネットにあまり情報がないので、参考にアップしておきます。後輪のギアは変更できないので、ペダルがついているギアクランクごと交換するのが簡単です。使用するクランクは127mm 36Tのもので、これ以上大きいとフレームと干渉するかもしれません。今回の製品は色が黒いのでピッタリです。なお、反対側は、純正のクランクがアルミ製で軽いので、そのままにしておいたほうがよいでしょう。

レベナギア交換 新旧のクランクの大きさの比較。だいぶ大きくなります。

【注意点】

ペダルを外し、チェーン側のクランクを交換し、チェーンを交換します。またその前後でシートポストも交換します。それぞれの作業はネットで検索すると、詳しく知ることができます。特殊なことは何もなく、すべて一般車と同じです。慣れている方なら何でもない作業でしょう。しかし、自転車いじりなどしたことがないので、結構時間がかかりました。手間取ったのはペダルの取り外し(固すぎ)とチェーンの交換です。特にチェーンは長さがあわず、どうしても弛んでしまいます。悩んでから気がつきがましたが、後のチェーン引きで調整することができます。(当たり前ですね。)基本的には工具さえあれば簡単で、すべて自分でできる作業だと思います。

【交換後】

レベナは非常に軽い(7.9kg)のが特徴で、非常に良くできた子供用自転車です。22インチに買い換えると一気に11〜13kgぐらいになってしまいます。代わりになる選択肢もないので、もう少し長く乗りたい方も多いのではないでしょうか。今回の交換で26インチ(または24インチ)に乗れるぐらいまで、そのまま使えると思います。しかも、子供用自転車っぽかったプラスチックのチェーンカバーがガード付ギアクランクになってなくなり、見た目もスッキリしてスポーツバイクっぽくなります。こうなるとカッコわるい泥除けも外そうかな。ギアを変えてスピードの乗りもよくなりますので、レベナ・スポーツバージョンですね。

本当はステムかハンドルをもう少し離れたものに、リアブレーキをサーボブレーキに交換すれば完璧でなのですが、実は24インチを買ってしまってあるので、ここまでにしておきます。まだしばらくは、近所を乗り回すのに活躍しそうです。