佐藤宏尚建築デザイン事務所

雪下紅梅
SPIN展 展示作品

|DATA

|CONCEPT

フリッツハンセンの2007年に廃盤となったチェア「SPIN」の日本での復活を記念して展覧会用のカバリングをデザインした。 タイトルの「雪下紅梅」とは十二単の襲(かさね)の色目の1つである。雪に埋もれた紅梅の花をあらわし、厳しい寒さの中に春の到来を予感させる。凍てつく中に強さやあたたかさを感じさせる光景である。
雪の重なりと紅の彩りを表現するために、濃い紅色の生地を薄く柔らかなレース4枚で包み込んだ。
自然の美しさとそれに伴う心情までも色に映す、平安から続く日本の伝統的な美意識を表現することが、「SPIN」の日本での復活を記念するに相応しいと考えた。