佐藤宏尚建築デザイン事務所

鱗の家
東京都世田谷区代沢

|DATA

|CONCEPT

代沢の丘の上に建つ木造3階建ての住宅。
まず敷地隅部をRとし、緩やかに連続する大壁で、プライバシーの高い内部空間と公共外部空間とを分節した。外壁はガルバリウム鋼板を鱗のように斜めに拭き、この家の特徴的な外観を創りだしている。
内部は6層の床をもつ複雑な断面形状である。6層の床を高密に有効活用することで、ゆとりのある伸びやかな空間を創りだしている。
1階はリビング、玄関、駐車場で、リビングは天井高さは4.2mの無柱空間とした。庭側は高さ4.2mのフルオープン可能なの木製サッシで、この窓を開け放すことでリビングと外部空間が一体化される。
1階から半階あがるとリビングと一体的なダイニングキッチンへと繋がる。キッチンは料理しながら家族の集う空間全体を見渡すことができる特等席である。
ダイニングの奥には、蔵戸や格子戸に古材を利用した和室を設けた。和室の壁面は黒漆喰の磨き仕上げ、タタキは珊瑚の洗い出し、床の間には金属を用いた特殊な左官仕上を採用している。
トップライトのある階段を登った2階は個室の他に、家族全員で使える書斎を設けている。トップライトは暗くなりがちな住宅の中央を明るくする役割も果たす。
薪ストーブの他、1階と2階の床全面は蓄熱式の床暖房を設置し、天井の高さにもかかわらず冬も快適に過ごす事が可能である。