佐藤宏尚建築デザイン事務所

大妻加賀寮

|DATA

  • 敷  地:東京都新宿区市谷加賀町
  • 用  途:寄宿舎
  • 構  造:RC造地上6階地下1階
  • 敷地面積:3467.23m2
  • 建築面積:1,948.39m2
  • 延床面積:9,458.39m2
  • 竣  工:2015.03
  • 基本設計・デザイン監修:佐藤宏尚建築デザイン事務所
  • 実施設計・施工:前田建設工業
  • 照  明:ソラアソシエイツ 川村和広
  • 外  構:マインドスケープ 柳原博史
  • 事業企画:デルタ・キャピタル・インベストメンツ
  • 運  営:GSAM
  • 写  真:佐藤宏尚

|CONCEPT

旧柳田國男宅地にあった築72年になる大妻女子大学の加賀寮の建て替え。この旧居跡地は柳田國男にまつわる史跡として新宿区指定文化財に設定されています。

この歴史ある地に新たな学生寮を建設するにあたり、設計から建設、運営までに至る総合的な事業コンペによって、我々のチームが選出されました。
規模は鉄筋コンクリート造地下1階地上6階建て、延床面積約9,400㎡。室数は個室(1人用)253室、シェアルーム(6人用)17室の計270室で、約350人を収容可能となっています。

「ただ住む場所ではなく、学生の成長を促す場」という理念に基づき設計を行いました。
核となるのは、共用スペースの考え方です。南北方向の3棟に分節された寮室のボリュームを共用ボリュームが東西に縦貫します。共用ボリュームには、オープンなキッチンやラウンジを日常動線と一体的に配しています。この共用スペースは様々な教育プログラムに利用できるだけでなく、活発な交流を促し社会で不可欠なコミュニケーション能力を高める場となります。

各棟の間には四季折々の植栽を施した4つの中庭を設けました。この中庭を囲む配置により、室内からも季節や自然を豊かに感じられるようにしています。

道路から階段状にセットバックしたファサードは、近隣への圧迫感を大幅に低減しています。さらに季節感のある多様な植栽を豊富に設け、深みのある素焼きのボーダータイルと相俟って、閑静な街並に相応しい落ち着いた佇まいを創りだしました。

もう一つテーマとしたのは、単に機能的で快適な学生寮でなく、暖かな「家」の安堵感を地方から上京した学生が感じることが出来る施設にすることです。
エントランスホールには木材をふんだんに用い柔らかな雰囲気を創りだしています。各階のガラス張りの共用部は間接照明で天井を照らし、道路から見えるその明かりは、帰宅時に「家」の暖かさを感じることを意図しています。