佐藤宏尚建築デザイン事務所

凹庭

|DATA

敷  地:東京都大田区
構  造:鉄骨造
用  途:専用住宅
敷地面積:67.77㎡
建築面積:40.41㎡
延床面積:114.35㎡
竣  工:2004.01
構造設計:神谷優美子/ラウンドテーブル
設備設計:渡辺康宏/テーテンス

|CONCEPT

都心の狭小地に建つ3階建ての住宅。建て込んだ敷地のため、周囲には閉ざしながら適度なスリットを設け、良好な環境を確保するようにしている。外観は黒を基調とし、内部は白を基調としてコントラストをつけ、締まりのある空間としてる。
敷地中央に中庭・階段・ブリッジ(グレーチング)など上下に抜けた要素を並べ、各居室から水平・垂直の視線の抜けをつくった。それにより各居室が連続し、実際の面積以上に広がりのある空間とした。また各居室に豊かな採光と通風を確保している。
狭い間口にもかかわらず、ライトコートからアプローチする1階。天井高さにも変化を与え、視覚的につながり広がりを感じさせる2階。ハイサイドから空の広がる3階。限られた大きさの中に変化のある空間を連続させている。

凹庭
凹庭
凹庭
凹庭
凹庭
凹庭
凹庭