佐藤宏尚建築デザイン事務所

光井戸の家
東京都港区高輪

|DATA

|CONCEPT

都心の狭小敷地に建つ3階建ての木造住宅。
60cmほどの間隔で住宅が建ち並ぶ非常に過密な立地条件であるため、トップライトやハイサイドライトにより内部に効果的に光を導いている。

平面的はガラス張りの階段室を中央に配置し、視線が上下に抜けることで開放感を創りだし、家族が容易にコミュニケーションできる空間を実現している。

玄関を開けると目の前の階段の吹抜けを介して2階のリビング、トップライト、そして澄んだ北側の空へと視線が抜ける。
1階の階高を1900mmに抑えたことで、かえって玄関と2階のリビングの連続性が強まり、開放感を高めている。
階段室に降り注ぐ光に導かれ2階に上ると、明るく広々としたLDKへと到達する。
2階と3階は斜め天井が連続し、3階ロフトに設けたハイサイドからの光が斜め天井にそって2階のリビングにまで注ぎ込む。
家族の書斎となる3階は、斜め天井が均質に光を拡散し、光に満ちた空間となる。