佐藤宏尚建築デザイン事務所

木組の家/登梁の家
茨城県古河市雷電町

|DATA

|CONCEPT

郊外に建つ木造2階建の建売住宅2棟。2棟とも木の構造的な表現を特徴としながら、それぞれに異なる個性を持たせた。また、個室の間仕切りは、将来撤去が容易にできる計画とし、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できる住宅としている。
[木組の家]
この家の木組よる屋根架構を、我々はツイストトラスと名付けている。シザーズトラスと言われる大空間に採用される架構を立体的に交差させることで、水平耐力も高め、強固な構造を実現した。
[登梁の家]
登梁を頂部でトラス状に組み合わせることで大空間を構成し、吹抜けのLDKや天井の高い個室を創りだす。登梁をあらわしとすることで、 空間に個性を与えている。