佐藤宏尚建築デザイン事務所

段の家

|DATA

敷  地:東京都品川区小山
構  造:木造
規  模:地上3階
用  途:専用住宅
敷地面積:67.50m2
建築面積:39.74m2
延床面積:106.81m2
竣  工:2007.07
構造設計:横山太郎/ Low Fat Structure
施  工:本間建設
写  真:鳥村鋼一
     佐藤宏尚

|CONCEPT

路地に面する狭小地に建つ夫婦2人のための住宅。
この住宅は4つの連続するコの字型の構造壁に、様々な高さで床を差し込むことにより構成されている。
異なる高さの床が、さまざまな視線の抜けや空間のスケールを創りだし、限られた空間の中に広がりと変化を内包している。
計画にあたっては、多様に展開可能なシステムを成立させ、その後クライアントの生活、敷地のコンテクストに応じ具体的空間に収束させた。
固有名詞を用いず「段の家」としたのは、個々の生活や場に柔軟に対応しつつ展開可能な一般性があると考えたからである。

段の家
段の家
段の家
段の家
段の家
段の家
段の家
段の家
段の家
段の家
段の家
段の家
段の家