佐藤宏尚建築デザイン事務所

5層の家
千葉県流山市

|DATA

|CONCEPT

5層の床により構成される木造2階建の住宅。心地よい吹き抜け、使いやすい床下収納、ロフト、テラスなどを階構成を工夫することで実現している。
各階の構成を曖昧にし、1階から屋上まで階が連続することで、コミュニケーションをとりやすい繋がりと開放感のある空間を創りだした。
外壁は、日本の優れた伝統的な素材である焼杉を採用した。焼杉は、木材の表面を炭状にすることで防虫・防腐・耐火性能を高める効果がある。今回は炭をブラッシングせずにそのまま残した板を利用し、その効果をさらに高めている。また炭をできるだけ残したほうが経年変化による色合いが落ちにくく、風化の風合いがとても自然で美しい。
床暖房の熱源は、ヒートポンプを採用し、深夜電力で建物基礎に蓄熱できるようにしている。ヒートポンプは電熱線の約3倍効率が高く、さらに深夜電力を利用することで、ランニングコストを抑えることができる。しかも、玄関から浴室まで、1階全体に暖房効果があり、大変快適である。また夏は冷水を循環させることで補助冷房として活用できる。