佐藤宏尚建築デザイン事務所

LUMIX G1


2009.04.25

 これまで建築写真は1935年に発売されたライカ3aと決めてきた。
 それはライカが建築写真に適したカメラ(「leica IIIa/ライカ 3a」参照)であると同時に、建築写真に適したデジカメが存在しなかったからである。

 しかし、ようやく建築写真向きのデジカメが発売された。
 パナソニックから発売されたLUMIX G1である。
 以前同社のTZシリーズについて記事(LUMIX DMC-TZシリーズ )を書いたが、その中で現在のデジタル一眼レフを、レンズと撮像素子の間にミラーが入るため、レンズ設計の自由度がなく特に広角レンズに向かない、過去の遺産であると評した。そして今後の進化の方向性として、色・歪みの収差や周辺光量の低下を画像処理で補完し、レンズ設計の自由度を高めることでさらに高画質・広角・コンパクトに向かう、と書いた。
 そして、このLUMIX G1の登場である。その特徴を以下にまとめる。
1 ミラーがないため、レンズ設計の自由度が高く、コンパクト、ミラーショックもない
2 各収差を画像処理で補完し、レンズ性能+デジタル処理で総合的に優れた画質が得られる
3 レンズ交換式でありながら、リアルタイム歪曲補正を行い、ライブビュー画面から歪みが無い

 これはまさしく、私が予見した方向性と見事に合致する。実際の画像も良好で、特にLUMIX G VARIO 7-14mmは、35mm換算14mmからという超広角ズームレンズでありながら、歪みは全くなく、解像感も優れる。その上極めてコンパクトでパフォーマンス抜群である。
 ムービー機能が必要であればGH1という選択肢もある。歪みの無い超広角のムービーが撮影できる機材がこのような価格で買えるのは驚きである。

|PHOTO 関連するニュース

16.04.23
建築写真講座05 おすすめ機材
16.04.22
建築写真講座04 レタッチ編
16.04.22
建築写真講座03 現像編
16.04.22
建築写真講座02 撮影編
16.04.20
建築写真講座01 基礎知識
15.02.17
最近のカメラについて
10.01.19
DxO Optics Pro
10.01.19
EOS5D mark2
09.12.08
MINOX B/ミノックスB
09.04.25
LUMIX G1
08.02.23
LUMIX DMC-TZシリーズ
06.03.11
Casa BRUTUSに掲載
05.12.04
leica IIIa/ライカ 3a
05.07.08
UR賃貸住宅フォトコンテスト入選
05.03.30
日曜の夕方
05.03.03
Rolleiflex3.5F/ローライフレックス3.5F type4